資料を破いたり、汚したり、水にぬらしてしまった(汚破損)。

  • 破損、汚損、水ぬれの場合、ご自身で修理はせずに、そのままの状態で図書館(室)にお持ちになり、ご相談ください。次の利用者にそのまま提供できない状態の場合は、資料を弁償していただくことになります。
  • 弁償は原則として、同一の資料をご用意していただきます。絶版等で入手が困難である場合、図書館(室)が指定する資料を代替としてご購入していただきます。
  • 視聴覚資料、特にDVDは、著作権者から貸出を承認されたもののため、通常のものより非常に高額となっています。お取扱いには、十分気をつけていただきますようお願いいたします。
背景画像
ページトップへ